ちょうどいい室温を保つ

COCOseriesは、坂本雄三先生を技術顧問に開発・研究をしています

信州大学名誉教授、工学博士 山下恭弘

熱環境、空間システム、省エネルギーシミュレーションの建築環境工学が専門。名古屋大学教授、東京大学教授を経て、国立研究開発法人 建築研究所の理事長、空調衛生工学会会長などの重責を歴任。
現在はHEAT20委員会委員長、ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーの審査委員長など、日本の建築技術向上の普及にご尽力されています。

東京大学名誉教授/国立研究開発法人 建築研究所前理事長
坂本雄三 先生

COCOSERIES 快適と省エネを追求

省エネルギーを考えた家づくりが必要

  • ●断熱性能が低い家[冬]

    【夏も冬も不快で危険。光熱費も莫大に】

    夏も冬もエアコンなどの効き目が低く、冷暖房器具の前だけ効果があり室内の温度差も大きい。エアコンとFFヒータなどの併用も必要で光熱費も大きな負担に。

  • ●一般的な高気密・高断熱の家[冬]

    【快適性はあるが光熱費の負担も大きい】

    エアコンなどを入れた部屋だけは快適な温度をキープ。冷暖房がない場所との温度差はやはり解消されず、各部屋に必要なエアコンなどの光熱費が負担に。

  • ●ココカーサの家[冬]

    【快適性が高く光熱費の負担が非常に少ない】

    すべての部屋、廊下や洗面までも優しい暖かさをキープ。室内温度差も少なく、光熱費も大幅に削減が可能です。

    ※上記の温度はあくまで一例です

省エネルギーを叶えるココカーサの家

平成25年に国土交通省によって改定された住宅の省エネ基準は、建物内の外皮性能(=断熱性能)とエネルギー消費量を指標として、建物全体の省エネルギー性能を評価したものです。
断熱性能を示すUA値との違いは、換気等による熱損失は含めずに 純粋な建物の断熱性能を評価する点です。
ココカーサの家は佐久地域(3地域)の基準をクリアするだけでなく、北海道地域の基準も下回るとっても省エネ住宅です!

ココカーサの家 実測データ

オール電化住宅=冷暖房・給湯・IHクッキングヒーター・照明、全てを電気でまかなっています

PAGETOP